注文住宅を建てるメリットとは何か?

理想のマイホームが建てられる

注文住宅は、細かい点まで自分でこだわって決められるので理想の家が建てられます。
間取りや壁や床の素材や収納に関しても自分で選べるというメリットがあります。間取りは主婦にとってはとても重要な点です。家事動線をいかに効率よくするかを考えながら間取りを決めて自分の使いやすい配置にすれば日々の家事への負担も最小限にできます。また、子供が小さい時は目が離せないので家事をしながら子供に目が届くような間取りも選べます。そして、家族構成によって部屋の数や大きさも選ぶことがでるので使いやすい家が作れます。それから、コンセントの位置や数もある程度は思うように配置できます。もちろん配線の都合上どうしても設置できない場所はありますが、ある程度は融通がききます。電気を使うことが多い昨今は、大きなメリットになります。

予算を自由に調整できる

家を買うのは大きな買い物です。建売を買う場合は出来上がってる状態で買うので決まった値段になります。
しかし、注文住宅なら細かいところまで自分の好きなようにカスタマイズできるので予算を考えながら自分で調節して選ぶことができます。
例えば、キッチンのように使用頻度が高いところは汚れにくい材質や使いやすさを重視してお金をかけて選ぶことができます。その代わりに寝室のクローゼットは家主以外目にすることは滅多にありませんから、収納ができれば良いだけの簡単なものにすることでコストが抑えられます。このように、こだわりたいところとそうでないところのメリハリをつけることによってなるべく低予算で家を作ることができます。

狭小住宅の場合、レイアウトの工夫が重要なポイントとなり、限られたスペースを有効活用しながら快適な住環境を実現できます。